久しぶりの「小鳥の森」で

今週始め、晴天に誘われて、ほんとに久しぶりにジョギングがてら、「小鳥の森」に足を延ばしました。

おそらく去年の秋以降でしょうから、ほぼ半年ぶりです。

家の裏を流れる阿武隈川を越えて、30分もしないで森の入り口に着きます。

春はカタクリ、ショウジョウバカマ、イカリソウなど次々に咲いてくれます。

どんな塩梅か、歩いてみました。
DSC06650.JPG
いつも歩くコースを逆に歩いてみました。

毎年咲いてくれるシュンラン。

どうかな?と思ってのぞいてみたら----ありました。

しっかり小さな芽が、寒さに耐えているようでした

当たりを見回すと---茶色の世界です。
DSC06655.JPG

DSC06652.JPG

DSC06658.JPG

DSC06660.JPG

DSC06659.JPG
アカマツなど、松くい虫にやられて、伐採された後、燻蒸処理が行われていました。

かなり広範囲です。枯れ葉が積り、滑りやすいところも。

この日は、これまでで最高の9組の人たちに出会いました。

コロナで籠っていた気晴らしにでしょうか?それとも暖かさに誘われたからでしょうか?

それぞれの人たちが散策していました。

そんな中、こんなものを発見!
DSC06648.JPG
乾燥してる森の中、吸い殻が落ちていました。

乾燥しているのに、火災になったら大変なことです。

非常識にも程がありますね

約1時間散策し、森の様子を確認するも、

午後3時過ぎ、鳥の姿に気づきませんでした。

                ~*~*~*~*~*~*~

DSC06644.JPG

そうそう、庭のキバナセツブンソウが、開花しました。

"久しぶりの「小鳥の森」で" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント