十和田からリンゴの便りが届いた

次男が、青森県の十和田に住んでいます。
電話で話すと、結構寒いと言ってますが、エアコン、コタツがあるとかで、
まだスト-ブは使っていないそうです。

冬の奥入瀬を見てくるよう、けしかけているのですが、
寒くてそれどころではないといってます(笑)

そんな中、リンゴが送られてきました。
画像

大切に梱包され小粒のリンゴが2個。
とてもおいしかったので送ったといいます。
画像

「こみつ」という名前のリンゴ。
とにかく蜜の量が多くて甘いです。生産量が少なく、青森でもなかなか手に入りにくいとか。通販でやっと手に入れたそうです。
パンフレットによると、約35年前から試作されていたそうですが、粒が大きくならず生産を断念。細々と生産してる人があって、たまたま市場関係者の人の目にとまり、こんなにおいしいリンゴを世に出さない手はない、ということで生産量が増えてきたようです。
このパンフの、津軽みらい農業共同組合・石川販売センタ-「こみつの会」が、商標登録を申請し、平成19年8月認可されました。
画像

薄く輪切りにして食べるとさらにおいしいといいます。
確かに、蜜があふれ、さっぱりした甘さが口の中に広がります。
おしんで食べていたので1週間、持ちました(笑)。

JR東日本で新幹線に置いているトランヴェ-ル(12月号、特集・青い森のりんごをめぐる物語)によると、青森の西洋リンゴの栽培は明治8年、3本の苗木から始まったとのことです。
リンゴの品種、世界で15000種、日本で約2000種、青森県内で、約50種、市場に出るのがそのうち約40種とか。

リンゴ王国青森、ますます青森が気になってきました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年12月19日 11:40
切り口から蜜の多さが分かりますよ。「こみつ」じゃなく「おおみつ」だ。
2011年12月19日 11:59
こんにちは 
いいものが届きましね。美味しそう!
最近のりんごの種類すごいですね。
すっかりミツ入りが主流になってきたように
思います。今後どんなりんごが出現するのか
楽しみですね。
イクチャン
2011年12月19日 16:32
行き当たりばったりさん
お久しぶりです。蜜いっぱいのリンゴ、美味しかったでしょう。サンふじというのを食べていましたが、最近は温州ミカンばかり食べています。息子さんのいる青森はリンゴの宝庫しばらく楽しめますね。
2011年12月20日 11:02
こんなにいっぱいの蜜が入ったりんごは初めてみました。
あま~いんでしょうね。
うちでも頂き物のりんごを食べていますが、普通の蜜入りです。
冬の奥入瀬ってどうなんでしょうね。
行き当たりばったり
2011年12月21日 00:04
長さんさん、今晩は。ほんとっ、甘くって蜂蜜を塗ったような甘さでした。これでは簡単に手に入らないのは当たり前です。
行き当たりばったり
2011年12月21日 00:08
いいお天気さん、今晩は。リンゴの生存競争の中で、自分の位置を確立したようなリンゴです。じっくり育ってほしいですね。
行き当たりばったり
2011年12月21日 00:10
イクチャンさん、今晩は。リンゴもミカンもまだまだ改良されて品種が増えていくのではないでしょうか。味が微妙に違うのですもの、食べる側からすれば、たまらないですね。
行き当たりばったり
2011年12月21日 00:13
えみりんさん、今晩は。輪切りにして食べる。これも工夫をした上での食べ方なのでしょうね。
生産者の方の心意気が伝わってくるようです。
冬の奥入瀬、想像しますが道路のスリップばかりが心配です(笑)
2011年12月21日 22:31
へー、そんなリンゴがあるのですか。いかにも蜜がたっぷりの感じですね。これなら確かに売り出さない手はないでしょう。大きくブレイクしてくれるといいですね。
2011年12月22日 07:40
先日出張で乗った新幹線の車内雑誌に、青森のリンゴ特集がありました。
コメ作が不調の土地で、明治の先人が西洋から3本(?)の苗をとりよせ苦労の末、今の青森リンゴのブランドを築き上げたと
吉田さんちの伝説のリンゴといい、ごじょぱり精神の粘りの業でしょうか!
2011年12月22日 20:57
「こみつ」蜜がたくさん入って美味しそうですね。
「私は真っ赤なリンゴです~お国は寒い北の国~♪とか
美空ひばりのリンゴ追分とか・・こんな古い歌を知っている私。青森のイメージはやっぱりりんごですよね。
2011年12月24日 00:16
こんばんは。
青森リンゴ美味しそうですね♪
青森は雪で寒いでしょうね・・。
「こみつ」は小粒のようですが、沢山の蜜が入っていますね。
我が家でも今日、青森リンゴをいただきました。
サンふじ、蜜がいっぱい入って美味しかったです(笑)
行き当たりばったり
2011年12月25日 09:47
ヒゲおやじさん、おはようございます。すごく甘いのですが、残念ながら生産量が少ないといいます。生育方法が難しいのでしょうか?隠れた名品ですね。
行き当たりばったり
2011年12月25日 09:51
清兵衛さん、おはようございます。新幹線での「トランヴェ-ル」同じ雑誌を見ていますね(笑)。
新幹線が青森まで伸びて、青森も脚光を浴びています。リンゴの青森、青森のリンゴですね。
行き当たりばったり
2011年12月25日 09:55
けっこちゃ-んさん、おはようございます。リンゴが青森のイメ-ジとすれば、美空さんのリンゴ追分、そうくれば、淡谷のり子さんにも登場していただかないと---。たしか淡谷さんは青森出身ですよね。
行き当たりばったり
2011年12月25日 09:58
杏さん、おはようございます。青森リンゴもかなりの種類があるようで、好みも、人それぞれですね。りんごはひと冬持つので保存食にもなっていますね。
おいしくいただけて幸せを感じます。
2011年12月25日 12:06
年々、リンゴも新しい品種が出ているのですね。
こんなに沢山の蜜が入っていたら食べなくたって
お味の想像がつきます。
でもやはり頂いて見たいものです。
行き当たりばったり
2011年12月26日 07:46
あっこちゃんさん、おはようございます。輪切りに薄く切って食べました。惜しんで惜しんで1週間も持ちました(笑)