テーマ:

奥岳遊歩道で出会った生き物など

 17日(金)の朝は、まだ雲が薄っすらと広がっていますが、日中予報は34℃ 一昨日、久しぶりに家族5人で奥岳遊歩道を、約1時間、散策しました。 夏の山野草、虫たち、キノコ類、そして森の中の澄んだ空気。 家族連れもいっぱいでした。 ①きべりたては(たてはちょう科) …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ギボウシを食用に(オオバギボウシ)

つい最近、あるお宅を訪ねました。 山菜に詳しい同行者から、「この家の周りに植えてあるギボウシは食べられるオオバギボウシだ」と 教えてもらいました。 自家用に家の周りに植えてあり、茎などを切って採取した跡がありました。 オオバギボウシは、ユリ科ギボウシ属で、若芽、葉柄はおひたし、和え物、天ぷらなどで、花はお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浄土平から一切経、そしてお花たち

8月1日、曇ってはいるものの、暑い暑い朝でした。 貸し切りバスで、朝8時、福島駅出発で、一気に浄土平へ。 着いた時には、登山の準備をしてる人、お店の段取りをしてる人など、 すでに多くの人が動いてました。 福島市内からも晴れてる日にはしっかり見える、火山性のガス。 間近に見えます。 よく見る…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

もうネムノキも終わり--。

 最近GPSにはまってます。 デジカメとあわせると、撮った写真を組み合わせて自分の足どりを 地図の上に表現することができるのですね。  自転車で遠出をしてみました。 ママチャリでですが、サイクリングロ-ドを走りました。 ① ② ③ ①②は今回の行程の最後に撮ったきれいに咲いていたネムノキ。逆光…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

緑多い信夫山など

昨夜は久しぶりの土砂降りでした。朝も雨が降っています。 植物は、すっかり元気をとり戻したようです。 先週、晴れていた時に、散策しました信夫山の様子。 信夫山への登り路はたくさんありますが、ここもそのひとつです。 ニッコウキスゲの仲間? 一輪咲いていました。他に咲いてる花はないかと、まわりを見まわしてみる…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

小鳥の森は、ひとりじめの気分

 久しぶりに、小鳥の森を2時間ほど歩きました。  前日には、ジョギングで信夫山を回った上、午前中は、まるまる庭掃除をして、その草むしり中に、不用意に剪定ばさみで、ちょっと指先を切るアクシデントもあり、無理をしなかったのです。  緑の山中にも、お花は見られました。 ①アザミ まっ先に迎えてくれたのがアザミでした。ま…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

クマガイソウの里の、貴重な草花など

 この季節、次々にお花が咲いて、アップが滞っています。 今回は、里で見られたお花などを、一挙に紹介したいとお思います。 じっくりゆっくり歩かなければ、見過ごしてしまう草花も多くありました。 1ホウチャクソウ 後の2枚の写真は、ホウチャクソウといっても、花の中からまた、葉のようなものが出てま…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

クマガイソウの里でたくさんの野草

 クマガイソウの里の一般開放は、5月の約3週間のみです。 あとは閉鎖され、守る会の地元の人たちが、管理手入れをしてくれています。 聞けば、ここには野草が300種以上あるとのこと。 開放期間中しか観察できないのは残念ですが、名札も付けてあり、とても分かりやすくなっています。 全体の花略図です。全行程図と、開花場所が載ってま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

クマガイソウの群生地に行ってきました。

2年ぶりに、クマガイソウを見てきました。 「第8回クマガイソウの里まつり」で、300種類以上あるという野草とともに観賞してきました。 今回は、クマガイソウに絞っての報告です。 クマガイソウの群生地をもつ、福島市松川町水原地区の「水原の自然を守る会}によると、大量に群生する自生地は、全国に3か所しか知られていないよう…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

安達太良山で怪現象を見たって大袈裟?

 今年の登山は、4月に降った雪のせいか、 岳温泉からの登山道も、あちこち雪塊が残ってました。 幸い、ウォ-キングステックを手に入れていたので、 前回よりは、歩きは楽でした。 唐突に、山頂の風景です。幸い、晴天で、かなり遠くまで見渡すことができました。 ぼんやりですが、いつも行ってる信夫山です(2…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

口太山(くちぶとやま)で見たお花たち(2)

 口太山は、阿武隈山地の中にある843メ-トルの、登りやすい山。 登山の案内本によると、難易度は初級コ-スです。  ここで、初めてみたお花があります。 ハウチハカエデ 秋の紅葉時、素晴らしいといわれてます。しかし、こんなお花が咲くなんて、驚いて、見いってしまいました。 もう少しで、山…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

口太山(くちぶとやま)山開きで、こんな花が!!(1)

標高843メ-トル。何年も前から、登りたいと思っていた山。 やっとチャンスが巡ってきて、行ってきました。 今年は、例年以上の参加者で駐車場も、満杯。 垂れ幕が迎えてくれました。 口太山 案内板(絵をクリックで拡大します) 初めてなので、まっすぐ登らず、初心者コ-スと書かれてある、左側のル-トを…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

安達太良山麓、奥岳遊歩道を歩いた!

 安達太良山は一日がかりも、遊歩道は数時間で楽しめる。 身支度整えて歩きました。  全長約1km。下って登ってゆっくりゆっくり歩きましょう。 まず、始まりの看板です。渓流まで下りていくと、二階滝が見えました。水量がかなり少なく、迫力はいま一です。二段になって見えるので二階滝と命名されたのでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

黄、赤、紫などカラフルに行こう!

 最近は、週末はゆったりできることが多く、走ったり、本屋さんで立ち読みする時間あり、庭仕事も楽しんでいます。  蚊取り線香を六本ほど焚いて作業です。  我が家の、庭仕事のキ-ワ-ドは、蚊取りです。  さて、庭に眼をやると、かなり遅れて蒔いたヒマワリがやっと咲き始めました。5~6年、物置に冬眠してたもので、物置整理した時に発見、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

道端の花々もひっそりと

 9月に入って、咲いてるお花を探す楽しみが増えました。  緑が濃くなり山歩きも楽しみです。 ただ、スズメバチなど、ハチが怖い事は怖いですが--。  いつものように信夫山(しのぶやま)を歩いてると、道の端ににピンクの花が咲いてました。  コンフリ-です。  筒状のピンクの花で、集まって咲いています…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今年も見られたサルスベリ

 週末、久しぶりに信夫山に行ってきました。  ゆっくり、歩幅を狭くしてのジョギングだったので、いつもは「歩き」の合間の「走り」だったのに、今回は「走り」の時間がかなりとれました。    山もすっかり秋の景色で、色づいたお花もあまり見られません。 しかし、まだ夏も残ってました。  サルスベリです。山頂に通じる参道に植えられて…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

縄文の人々も食べたという--。

 朝夕めっきり秋らしく涼しくなってきて、夜は寒いぐらいです。 ひところ、騒々しく鳴いていたカラスやムクドリは、どうしたのでしょう?  ジョギングコ-スに、時々市内の本屋さんに行くコ-スを設定しています。 その日の気分で行くところを決めるのですが、本屋さんコ-スを使うのは結構多いです。家から20分位ですが、途中に大きな木の街路樹…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

秋の実りが次々と--。

 お盆になって、やっと暑い日になり、汗もたっぷりかくことができました。 草を刈っていると、夜鳴いてる秋の虫も大移動。 15日も、信夫山そして町中を、歩いてみました。  ハマナスの実 こがね虫にやられずに熟して赤くなった実です。甘酸っぱくおいしいといわれてる。今年こそ、食べてみなくては--。  ヒメヤブラン …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

一切経山への道程

 10数人の一行で登って、はや一週間。 整理してたら、載せたい写真がたくさんありました。 記録のつもりで記事を一つ。  高湯温泉を通って、バスの着いた所は、トイレタイムの 不動沢の駐車場。    案内板にそっていくと つばくろ谷の看板。  この谷には、かつてイワツバメが飛んでい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今年も、一切経山とお花たち

 8月2日、今年もバスを仕立てて一切経山へ。 10数人の御一行様に便乗して参加。 麓は曇ってて山は全く見えず。  40分もバスで登ると日が差してきた。 バスの窓から覗くとミニ雲海が見えた。 一時間から乗って浄土平(じょうどだいら)に着きました。 レストハウスの裏山にあたるように噴気が見える。硫黄のにおいが鼻につく…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

合格キップをゲットしたよ。

  東北本線JR福島駅で、緊急放出の合格切符を発行しました。 「学、鼎、玉江」つまり学叶え給え(学かなえたまえ)。 裏面  たて35ミリ、よこ83ミリのボ-ル紙。  無料で、5000枚が配られました。  我が家にも、国家試験の受験生がいるので、駅まで行っていただいてきました。  親ばかと言ってしまえば…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

久しぶりの信夫山は厳かだった。

 福島市の北側に位置する信夫山。 毎年2月の10から11日にかけて「信夫三山暁参り」が行われました。 熊野山、羽黒山、羽山の連なった三山(標高約270メ-トル)の 羽黒山山頂にある羽黒神社に、お参りをするのです。  家内安全、無病息災、五穀豊穣などを願い、夜中にもお参りするというもの。    その前哨戦として、神社のシン…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

松林の、この異様な物体は?

 過日、近くの小鳥の森を散策した。ワイフと二人、ウォ-キングをかねて 冬の小山に入った。ほとんどの木は葉っぱを落とし、森の中でも遠くまで見通すことができた。  この小鳥の森は、3つの散策コ-スがあり、いずれも上り下りがあり小鳥、草花、木々を観察できるようになっている。  カワセミのコ-スの松林を歩いていた時、茶色のビニ-ル…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

山を歩くと意外なものが---。

 今年の渓流釣りも、9月いっぱいで終わりました。 毎回同じ場所で釣っているのに、まわりの景色は 季節ごとに変わります。  春先の芽吹き、夏の木々の茂った葉っぱ、落ち葉から顔を出すキノコなど。 小さな花の群落が、突然目に飛び込んできて ビックリすることもありました。  9月末、赤っぽい実をつけた丈1メ-トル弱の木?を …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

一切経山に到るまでに見た花々

 登山時、路傍の花々に興味を持つようになったのはいつからだろう? 若い時は、一顧だにしなかった草花が、いとおしく思えるようになりました。  浄土平から、一切経山までの道中、いろんな花を見ることができました。 その中から、順不同でアップしてみます。  ミヤマリンドウ(深山竜胆)  リンドウ科リンドウ属、この種…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コバルトブル-の魔女の瞳まで

 23日(土)の午後、福島は雨模様。お盆が過ぎるのを待ってたかのように、朝晩の気温の差が大きくなってきています。    お盆前、まだ太陽が我が物顔で闊歩してる時、福島を見下ろすようにそびえる一切経山の登山の仲間に入れてもらい、「魔女の瞳」を見てきました。  その行程の紹介です。    一切経山からみおろして見る五色沼、…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

これも花なんだぁ(ウマノスズクサ)

 東北は、福島市の真ん中に信夫山という海抜272メ-トルの山があります。 四季折々、草花、鳥、虫など、山に行くたびに、いろんな姿を見せてくれるんですよ。 同じ場所でも、舐めるように観察すると、新発見が---。  カラタチの木を見ていたら、何かツルが絡まっている。それを追っていくと--。 茶色の受け口に、細長いラッパの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more