いよいよ平安神宮の南神苑へ

 平安神宮の大極殿裏側に、入場料を払って見ることのできる池泉回遊式の日本庭園があります。

この時期、紅枝垂れ桜が見頃とか。

入ってみました。
画像
 

画像


画像


画像


画像


画像


画像

雨にもかかわらず、多くのヒトが入園。桜の美しさに見とれていました。

南神苑は、明治28年(1895年)作庭され、桜は仙台市長が苗木を寄贈したとか。

神苑そのものは小川治兵衛氏が作庭。

この日本式庭園の配置の妙に、ただただ感心するばかりでした。

惜しむらくはお天気が----

"いよいよ平安神宮の南神苑へ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント