春の野草展を駆け足で

 11日(土)の新聞を見ていたら、この日が最終日という野草展の案内記事が

眼に入った

毎年春に開催されていたが、今年は見られないな、とあきらめていた所。

用事が押していたので、昼過ぎに急いで行ってきた。
画像

佐藤康英さんの「エゾエンゴグサ・ケシ科」

画像

佐藤康英さんの「キバナクロユリ」

画像

宍戸一郎さんの「フガクスズムシソウ」は、珍品といわれているそうな。

画像

横山廣子さんの「ユキモチソウ」は、私の好きなもの。

画像


画像

小野耕二さんの「ウマノスズクサ」も、私の好きな花ですが、栄養たっぷりという感じ。

他にもたくさんの野草がありましたが、じっくり撮る時間がなく、急ぎ足でした。
画像


画像

一番手前は「エビネ」のコーナーでした

春と秋に展覧会を開いて、私たちの眼を楽しませてくれる「飯坂野草会」でした。

この記事へのコメント

2019年05月15日 11:34
こんにちは。
初めてお邪魔します。先日は拙いブログへコメントを頂き有難うございました。

新緑の季節で5月1日に元号も『令和』になりました。春の野草展へ鑑賞に行かれて綺麗に咲いた花々を鑑賞された様ですね。花を愛でると心身ともに癒されると思います。
2019年05月15日 15:43
野草といっても とても珍しい花が
展示されているのですね。
皆さん ご自慢の 植物を 身近に
見られて楽しいですね。
行き当たりばったり
2019年05月16日 07:30
華の熟年さん、おはようございます。
野草の世話は、大変そうです。
とても自分では育てることはできません。
見る人に徹します
行き当たりばったり
2019年05月16日 07:31
フラバーバさん、おはようございます。
好きな方、幾分マニアックな感じですが
見せていただくだけで、感謝感謝です