いよいよ平安神宮の南神苑へ

 平安神宮の大極殿裏側に、入場料を払って見ることのできる池泉回遊式の日本庭園があります。

この時期、紅枝垂れ桜が見頃とか。

入ってみました。
画像
 

画像


画像


画像


画像


画像


画像

雨にもかかわらず、多くのヒトが入園。桜の美しさに見とれていました。

南神苑は、明治28年(1895年)作庭され、桜は仙台市長が苗木を寄贈したとか。

神苑そのものは小川治兵衛氏が作庭。

この日本式庭園の配置の妙に、ただただ感心するばかりでした。

惜しむらくはお天気が----

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年04月18日 12:55
七代目小川治兵衞は有名な作庭士ですよね。国の名勝に指定された庭も手がけていたとか。旧古河庭園にもその名が記されていました。
行き当たりばったり
2015年04月19日 07:21
長さんさん、おはようございます。
そうですか、全く存じ上げていませんでした。
すごい人なんですね。
2015年04月20日 21:35
お天気だったらピンクの枝垂れ桜が映えたでしょうね。
残念でしたね。
懐かしく拝見しました。
行き当たりばったり
2015年04月21日 06:47
笑みりんさん、おはようございます。
ホントに、お天気ばかりは、どうしようもありません。
でも、満足でした