ギボウシを食用に(オオバギボウシ)

つい最近、あるお宅を訪ねました。
山菜に詳しい同行者から、「この家の周りに植えてあるギボウシは食べられるオオバギボウシだ」と
教えてもらいました。

自家用に家の周りに植えてあり、茎などを切って採取した跡がありました。
画像


画像


画像

オオバギボウシは、ユリ科ギボウシ属で、若芽、葉柄はおひたし、和え物、天ぷらなどで、花はおひたし、酢の物にして食べられるそうです。葉柄をゆでて、干したものは山カンピョウの名がついてる(ヤマケイポケットガイド⑥
山菜・木の実、水野仲彦;山と渓谷社より)

ウルイウリッパ、アマナ、ギンボなどの名がついてるようですが、Wikipediaによると、春先の若菜が丸まって立つようにはえて、その葉の色が瓜(うり)類の皮に似てるところから瓜菜(うりな)となり、それが転化したのでは
という説明でした。

山形最上地方では「雪うるい」の名前で出荷してるとか。

ただ、春の新芽時に、同じ環境に育つ、似た形の毒草バイケイソウ(ユリ科シュロソウ属)を誤って食べて中毒を起こす事故が結構報告されているようです。
嘔吐、手足のしびれ、多食で血圧低下などの症状とか(上記ヤマケイポケットガイド⑥より)

確かに毒でなければ一応、食べることはできますね。
古人は、多くの犠牲を払って食用、非食用を区別してきたわけです。

来月、またこのお宅にお邪魔する予定です。
どんなふうにして食してるか、聞いてみたいと思います(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年06月16日 17:53
ギボウシって食べられるんですってね。
先日、園芸種のギボウシをアップしなしたが、頂戴したコメントで知りました。
行き当たりばったり
2013年06月16日 22:40
長さんさん、今晩は。そうなんですね。食べられるようです。それを知ってる同行者、なんでも知っているんですよ。さっぱり味のような、印象を持ってます。