暁参りが終わって

 毎年2月10日から11日にかけて、300年以上前から行われている信夫山の暁参りが行われました。
 五穀豊穣を願い、長さ12m、幅1,4m、重さ2トンといわれる大わらじを約100人の人が担いで、町中を練り歩き、最終的に、信夫山は、羽黒神社に奉納されます。
 
 この時期は例年、雪が多く、かなり気温が下がり寒いです。
寒くて当日には行きませんでしたが、後日行ってきました。

画像


画像


 鉄柱にかけて、これから1年間、羽黒神社に収められています。

普段は、ここに至るまでジョギングなどで行くのですが、この日はゆっくり歩いて登りました。

画像


ここは旧参道で、、山の中につくられた道、日陰にあります。だから、まだ雪が残ってました。信夫山一周道路から入る道でここは200mもないでしょう。

画像


画像


 羽黒神社です。私たちと同じような、数組のご夫婦に会いました。
お天気が良ければたくさんの人が訪れるのでしょうが--。

 山をおりて、麓の護国神社によってお参り。

画像


まだ紅梅、蕾でしたね。去年はもっと咲いていたような気がします。

画像


そうはいっても日なたでは、タンポポがしっかり咲いていましたね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2010年02月19日 09:15
これが日本一の大草鞋ですか。長さ12mで2t!! 2枚目に写真を見ると、きちんと1足ありますね。とすると、片足で1tかな。
昨年浅草寺に行ったのですが、山門の裏側に山形県村山市からの奉納の大わらじがありましたが、せいぜい4mでしたよ。
2010年02月19日 13:39
うわっ、でかー。長いですねえ。100人でどうやって担ぐのかと思ったら、これなら100人必要ですねえ。
日陰は雪でも日向ではタンポポ。春も近いですね。
2010年02月19日 19:49
暁参りと言うからには早朝の行事なのでしょうか?
厳寒の早朝の練り歩きと奉納。100人の熱気が伝わってきそうです。
足元のタンポポ、いち早く春を感じているのですね。
週末、来週はいよいよ春到来のようです。
行き当たりばったり
2010年02月20日 07:38
長さんさん、おはようございます。朝の9時に出発して、町中を練り歩き午後の3時に山頂に着きます。担いでれば暖かいでしょうが、酒を飲んで景気をつけてる人もあるのではないでしょうか。
確かにでかいです。
行き当たりばったり
2010年02月20日 07:44
ヒオゲおやじさん、おはようございます。男衆がしっかり着込んで、そして、お祭りの袢纏を着て、キャリア-に乗っけて歩きます。担いでの山登りはきつそうですね。道路沿いのお家の庭には、フキノトウがありました。
行き当たりばったり
2010年02月20日 07:46
あっこちゃんさん、おはようございます。朝9時出発だそうです。大わらじは五穀豊穣のシンボルといわれてます。またここは、縁結びの神様でもあるようです。
2010年02月21日 22:52
 わらじは五穀豊穣のシンボルなのですね。
浅草寺もそうですが、大きさが違っても
わらじを掲げてある寺社は多いですね。
しかしこのわらじは凄いです。とてもきれいに
編んであります。暁参りもですが、その前に
このわらじを準備しなければいけませんね。
一足をなうのは大変だろうと思いました。
行き当たりばったり
2010年02月22日 07:46
キミさん、おはようございます。「御山敬神会」という会の皆さんが、大ワラジを作る作業所で時間限定で作るようです。行って作ってる所を見たいのですが、いつも見逃しています。ベテランの皆さんですよ。